終活とは「人生の棚卸し」~エンディングノートで書くべきポイント~

人生の最後に向けての準備をする「終活」は、考えるだけでなく実際に行動することが大事です。しかし、何から始めればいいのか迷ってしまうことも少なくありません。

そんな方々のために、なぜ終活をするのかを整理したうえで、リビングノート事務局がおすすめする整理する項目やポイントについてご紹介します。自分の想いや財産を後世に繋ぐためにも、終活について学びましょう。

終活は自分の人生の棚卸し

終活とは、「終末期」や「終わりの準備」を意味する言葉です。人生の終わりに向けて、自分の意思や希望を整理し、遺志や遺産を残すための準備をすることです。主な活動には、遺言書の作成やエンディングノートの作成、遺産整理などがあります。

終活をする理由は様々ですが、主な目的は以下の通りです。

  1. 自分の意思を確認する:終活を通じて、自分が本当に大切に思っている価値観や願望を再確認できます。これにより、自分の意思を明確にすることができ、最後まで自分らしく生きることができます。
  2. 遺産を有効活用する:終活は遺産を整理するための準備も含まれています。遺産を有効活用するためには、相続税や資産分割などの手続きも必要です。終活をすることで、遺産を有効に活用し、後世に残すことができます。
  3. 家族や周囲に負担をかけない:終活をしっかりと行っておくことで、家族や周囲の人々に負担をかけずに済みます。自分がどのような意思や希望を持っているのかを明確にしておくことで、家族や周囲の人々が迷うことや苦労することがなくなります。

自分と家族のために、終活を通じて自分の人生を棚卸ししていきましょう。

終活で整理するべき項目とポイント

終活を通じて、整理しておきたい項目は以下の内容です。

自分の人生について

  • 自分の歴史 …学歴や職歴、思い出などを年表にして振り返ってみましょう。
  • 大切にしている価値観 … あなた自身のことを大切な人に知ってもらうためにも、言葉にして整理してみましょう。
  • これからのこと … やってみたいこと、生きがいにしていきたいこと(生きがいであること)、仕事などを具体的に計画してみましょう。

今後のこと(健康面)

  • 既往歴 … 過去にかかった病気やケガで、現在は通院などの必要がなく完治しているものを記録しておきましょう。
  • 現在の病気やケガ … 通院の必要性がある病気やケガ、飲んでいる薬についてもまとめておきましょう。
  • 認知症になったら … 自分で判断することが難しい状況になった問、どなたに自分の意見をゆだねるのかを整理し、そのお相手にもその旨を伝えておきましょう。
  • 介護の希望 … 介護が必要になったとき、「どこで」「だれに」介護してもらいたいのかを整理しておきましょう。また、その費用はどこから出すのかについても計画しておきましょう。
  • 余命宣告 … がんなど、余命にかかわる病気になったときにどう対応してほしいか整理しておきましょう。
  • 延命治療 … 延命治療を希望するかどうかも、記録しておきましょう。
  • 亡くなられた後の臓器提供 … 臓器提供についても、意思を示しておきましょう。

資産について

  • 遺言書の作成 … 遺言書を作成しましょう。また、その所在についても大切な人に伝えておくとよいでしょう。
  • 資産の整理 … 不動産、預貯金、有価証券、借入金・保証債務、保険、年金など、自分の資産について整理しておくと、この先の資産形成計画にも役立ちますし、もし万が一のことがあったときも家族や周囲の人々の負担が減ります。

自分が亡くなった後のこと

  • 葬儀について … 自分の葬儀について、その規模やどこで行ってほしいのか、どんな雰囲気で行ってほしいのかなどを整理しておきましょう。た、その費用はどこから出すのかについても計画しておきましょう。
  • お墓について … ご自身のお墓を建立する場所の希望があれば、整理してまとめておきましょう。あらかじめ、自分でお墓を準備される方もいらっしゃいます。強い希望がある場合は、元気なうちに準備を進めてもよいでしょう。
  • ペットについて … ペットの世話ができなくなったら、誰にどのように世話をしてほしいのかまとめておきましょう。また、ご自身のペットの性格や日常生活についてもまとめておくことをお勧めします。
  • アカウント・デバイス情報 … ご自身の電子メールやSNS、スマホやパソコンへのアクセス情報などを整理しておきましょう。亡くなられた後、それらをどう扱ってもらいたいのかについてもまとめておきましょう。

リビングノートを活用しましょう

【リビングノート】では、エンディングノートに必要な情報を項目に分け、項目ごとに自分の希望する内容を選択・記入することで簡単に自分の考えを整理することができるます。

また、孤独になりがちな終活ですが、コミュニティという交流の場があるので仲間と一緒に活動することができます。

自分の人生の棚卸しに必要な情報を整理しておくと、いざというときの後悔を防ぐことができたり、自分が亡くなった後のトラブル回避にも役立ちます。ぜひこの機会に、リビングノートを活用しながら少しずつ人生の棚卸しを進めてみてください。

2